So-net無料ブログ作成
検索選択

マン・グループとは?

マン・グループは1783年に英国で設立されました。

マン・グループの最初は、貿易会社であり、砂糖やスパイスなどの取扱では、世界で一番大きい存在となります。

しかし、第一次産業の最大の悩みは、安定供給できないという天地の条件で、リスクヘッジのために先物取引の活用が行われるようになります。

ここで、マン・グループが本格的な金融業界へ台頭してくるときです。

その後、マン・グループは、ロンドンを始め、ニューヨーク・パリ・ジュネーブ・香港・東京をはじめ世界60カ国以上に事業拠点を有するまでになっています。

さらに2000年にはマン・グループを農産物貿易部門を切り離して名実ともに金融サービスに特化した会社、マンインベストメンツ社になっています。

持ち株会社であるマン・グループ・ピーエルシー社は、ロンドン証券取引所に上場、現在はFTSE100の一銘柄にも採用されています。