So-net無料ブログ作成
検索選択

マン社といえば、イギリスです

世界の金融市場において、日本の位置はお金持ちはたくさんいるけれど、投資に関してはベテランとはいえないところです。

金融商品にしても、投資の仕方にしても、イギリスやアメリカなどに見習えというは部分はたくさんあります。

イギリスのマン・グループのマン社(マン・インベストメンツ)は、商品市場で長い歴史で培ったノウハウを遺憾なく発揮しているヘッジファンドです。

このイギリスの金融街の中にいて、いつもベストパフォーマンスを見せてくれるマン社の商品は、一度も裏切り(マイナス)がないということは奇跡に近いものを感じます。

日本において、マン社のファンドは簡単に手に入りませんが、手に入れることのできる人というのは、一部の人たちに限られます。

イギリスで鍛えられたマン社のファンド、機会がありましたら、是非検討してみてください。

世界的にみてもイギリスマン社は高い評価を受けています。