So-net無料ブログ作成

MAN社のヘッジファンド

ヘッジファンドとは、富豪などをクライアントとする私的投資会社という考え方からいくと、英国のMAN社などは、世界的なヘッジファンドといえます。

MAN社のヘッジファンドは、その存在だけでも大きいため、仕掛けによっては市場を有利に展開できるという力を保有しています。

そのことは、実際のMAN社のヘッジファンドの数字を見ると納得ですが、下落時にもプラスというファンドはMAN社のヘッジファンドほど良いものは少ないといえます。

こうした巨大なMAN社のヘッジファンドは、誰でも購入できるものから、ちょっとしたエージェンシーを通さないと購入不可能なものまで各種あります。

しかし、リスクに関してはゼロということはありませんから、MAN社のヘッジファンドでも用心用心。

マン・インベストメンツ証券とは?

日本でのマン・インベストメンツ証券は1992年からとなっています。

マン・インベストメント証券のいう絶対リターンという理論は、市場の荒波に左右されない自信に満ち溢れた新時代のファンドを物語っています。

事実、マン・インベストメント証券のファンドそのものの数字は全てブラスという、理論にかなった動きを見せています。

日本で大々的に展開をしているわけではないマン・インベストメント証券の活躍ですが、知る人ぞ知る、必要な人は既に持っているというような存在です。

マン・インベストメント証券は他の証券会社とはちょっと違う動向を見せていますが、ファンドを追及したい方には是非縁をもっていただきたいという存在です。

マン社といえば、イギリスです

世界の金融市場において、日本の位置はお金持ちはたくさんいるけれど、投資に関してはベテランとはいえないところです。

金融商品にしても、投資の仕方にしても、イギリスやアメリカなどに見習えというは部分はたくさんあります。

イギリスのマン・グループのマン社(マン・インベストメンツ)は、商品市場で長い歴史で培ったノウハウを遺憾なく発揮しているヘッジファンドです。

このイギリスの金融街の中にいて、いつもベストパフォーマンスを見せてくれるマン社の商品は、一度も裏切り(マイナス)がないということは奇跡に近いものを感じます。

日本において、マン社のファンドは簡単に手に入りませんが、手に入れることのできる人というのは、一部の人たちに限られます。

イギリスで鍛えられたマン社のファンド、機会がありましたら、是非検討してみてください。

世界的にみてもイギリスマン社は高い評価を受けています。

マン社と海外口座

日本を飛び出し、世界の金融界を見ると魅力的な商品がたくさんあります。

その中でも好調なマン社のファンドですが、日本に居てはなかなか手に入れることは困難な商品です。

しかし、海外口座を開くことでマン社のファンドを購入が可能になります。

それでは海外へ出かけて行き、銀行へ出向いて、でも外国語には自信がないという方でも大丈夫。

日本に居ながらにして、海外口座を開けるネット証券などもあり、普通の日本語で海外口座の手続きができますからご安心ください。

コスト面では、日本での口座よりもかかることは仕方のないことですが、日本では考えられないマン社のパフォーマンスなどを見ると、心は傾くでしょう。

簡単に手に入らないマン社のファンド、自分で海外口座を開いて、チャレンジしてみるというのもいいかもしれません。

海外口座マン社に投資、いかがでしょう?

マン社のコストについて

ファンドのコストというのは仕方のないものですが、少しでも低くしたいというのは本心です。

マン社の元本保証型ファンドが人気ですが、コスト面では多少目をつぶらなければならないというものです。

日本の各証券会社で購入できるファンドでもノーロードという形のものはありますが、その分リターンの部分で少し不満があるなどということもあります。

しかし、マン社の元本保証型ファンドに関しては、元本保証という面で、マイナスであってもプラマイゼロということですが、リターンという観点から今までのパフォーマンスをみると、コスト以上のリターンの数字が並んでいます。

これからのことは不明ですが、少なくともリターンを狙うファンドで、コストがないものというのはないと考えれば、マン社のファンドのようなものへの投資がよいでしょう。

ただし、そう簡単には手に入らないマン社のファンド。ファンド以外のコストは意外に高いかもしれません。

それでも、と推薦したくなるマン社のファンドです。

マン社に投資!

マン社投資をする場合、証券会社でするものではなく、IFA(フィナンシャルアドバイザー)などを通じて、マン社のファンドに当をするという形になります。

この場合、マン社の信頼を得ている代理店や人物などを探すことが必要となってきます。
サイトなどでもマン社への投資の近道のものがありますが、中味については『ピンきり』という世界なので、よくよく調べてからマン社への投資をお考えください。

今の時点では、絶対にお買い得と言えるマン社への投資ですが、急ぐあまり慌てて手を出して大火傷になっては仕方ありません。

まずは色々マン社についての下調べをしてから、投資をじっくりと検討しましょう。