So-net無料ブログ作成

マン社のデメリットとは?

日本の証券会社では、星の数ほどの投資信託が売られています。

しかし、その中にマン社という名前を見つけるのは難しいことです。

オフショアファンドとしてのマン社のファンドは、人気はあるけれど簡単には購入できないというころがデメリットとなります。

それはどこかステイタスのような商品になっているマン社のファンドということですが、実際マン社の門がオープンではないということ、デメリットになっています。

日本でも代理店を通じて、マン社のファンドは手に入りますが、高額になってしまいます。

これは、ファンドを購入したい人にとっては、高額という面ではデメリットとなります。
投資に関しては、リスクというデメリットを忘れてはならないですが、マン社も例外ではありません。

収益のほかに、コスト面のリスクも考慮に入れ、マン社のファンド、考えてみてください。

マン社のリスクとは?

投資にリスクのないものはないです。絶対大丈夫といったような投資は、騙されたと思っても過言ではありません。

投資のセッティングの際には、緻密な計算の元、リスクも考慮に入れますが、そのリスクの額などは不透明です。

投資信託で一部の人に人気のマン社

数度的には、この不景気の中でも安定しているマン社の投資のラインナップですが、数が良いというだけでリスクがないということはありません。

今までのパフォーマンスが、他のものと比較をして、リスク面からも軽かったということですから、今後のマン社の保証はありません。

ただし、かなりいい感じのマン社の投資信託などは、ちょっと機会がある人は検討してみてください。

マン社の投資信託、なかなか出会う機会は少ないですが。