So-net無料ブログ作成
検索選択

MAN社のAHLとは?

MAN社のAHLとは、マン・インベストメンツ社のマネージド・フューチャーズの運用を担当しています。

マネージド・フューチャーズとは、ヘッジファンドの運用戦略の一つで、世界中の先物商品を対象に運用される戦略のことを言います。

MAN社のAHLは、世界の様々な先物市場において、価格トレンドを収益機会とする運用手法(トレンド・フォロー戦略)を採用しているのが特徴です。

独自のMAN社のAHLダイバーシファイド・プログラムのチャートは、他の債券市場とは異なり他が下落していても不景気知らずの動きには目を見張ります。

そのあたりがMAN社の人気の高さであり、資産もぐんぐんと増加しています。

AHLのグラフから、単純な右肩上がりではないということも注目で、投資はしたけれど、思ったほどはどうかなと思うのは早計で、長期で保有のMAN社のAHLの強さを実感してみてください。

マン社の運用実績

マン社の元本保証型ファンドADPの運用実績は、2007年12月から2008年5月末までの半年間で16.5%のブラスです。

また、2007年6月からの1年間で見ますと、33.8%という驚異的な数字の運用実績をたたき出しています。

ご存知のとおり、2007年は世界のファンドは軒並みマイナスです。

そんなときにプラスの運用実績マン社のファンドは只者ではありません。

実は、過去の世界的な株式暴落時においても、マン社のファンドはプラスという運用実績があります。

このように安定した運用実績ができるマン社のファンド、ちょっと関心でてきませんか?

マン社とK1ファンド

K1というのは格闘技のものではなく、K1ファンドのことです。

マン社のファンドとK1は良く比較されます。

このマン社K1のファンドは、他のファンドと比較にならないほど良い数字が出ていますが、2つを比較すると、断然マン社の数字が際立ってよいことが分かります。

マン社は歴史あるファンド会社ですが、K1はたかだか10年くらいしか経っていないもののファンド界では台頭していますが、2000年をピークに失速気味というところですが、それでも10%の利回りということで、この2つのファンドがいかに優秀かということです。

ですから、他のファンドなどと比較をしても断然強さを感じます。

ここはマン社に軍配が上がるところですが、今後の展開は分かりません。