So-net無料ブログ作成

マン社のADPとは?

マン社adpとは、AHL Diversified Plcのことです。

日本で人気のマン社のヘッジファンドです。

adpの特徴として、商品先物市場でのトレンド・フォロー型の運用手法を採る、多くのマーケットに分散投資している、完全コンピューターによるプログラム運用であるなどです。

マン社adpが組み入れる投資対象は 金融先物が7割、商品先物が3割程度です。
そして、adpは為替を中心にした金融先物の比率が高いということで、マン社の読みの強さを物語っています。

ファンドの怖さはそのときの相場の波にどう乗るか、乗れるかということです。

自分で投資をするわけではないですから、全権を預けてしまう投資家としては、マン社adpのようなファンドは、『さまさま扱い』になります。