So-net無料ブログ作成

マン社のヘッジファンド

ヘッジファンドとは、富豪などをクライアントとする私的投資会社という考え方からいくと、英国のマン社などは、世界的なヘッジファンドといえます。

マン社のヘッジファンドは、その存在だけでも大きいため、仕掛けによっては市場を有利に展開できるという力を保有しています。

そのことは、実際のマン社のヘッジファンドの数字を見ると納得ですが、下落時にもプラスというファンドはマン社のヘッジファンドほど良いものは少ないといえます。

こうした巨大なマン社のヘッジファンドは、誰でも購入できるものから、ちょっとしたエージェンシーを通さないと購入不可能なものまで各種あります。

しかし、リスクに関してはゼロということはありませんから、マン社のヘッジファンドでも用心用心。

イーバンク・ヘッジファンドE502について

イーバンク・ヘッジファンドE502は、中期的にみて、相応のボラティリティを想定のうえ、実質的なキャピタルゲインの獲得を目指しています。

イーバンク・ヘッジファンドE502は、マン・インベストメンツの運用するファンド・オブ・ヘッジファンズの投資成果に連動する米ドル建社債を組み入れています。

イーバンク・ヘッジファンドE502は、米ドル建元本100%償還保証付の債券を主として組み入れています。

イーバンク・ヘッジファンドE502は、住商キャピタルマネジメント(シンガポール)による為替ヘッジを行います。

円安時の収益重視型で機動的に為替ヘッジ比率を変化させることが、イーバンク・ヘッジファンドE502の特徴でもあります。

マン・グループのファンド

マン・グループ内で金融サービスに特化する会社となったマンインベストメンツ社のファンドは、毎年巨額の投資金を集めています。

ファンドですから、順調にとはいっても、荒波はあります。

それはマン・グループにとっても一緒ですが、『絶対リターン』を掲げるマン社のファンドは、目玉であるファンド、元本保証型ファンドを発売しています。

日本での証券会社で、売られているファンドとはちょっと違う存在のマン・グループファンドです。

というのも、あまりマン・グループの取扱をしている証券会社がないことと、マン・グループの信頼を得た代理店での販売が主な購入先となっているからです。

マンインベストメンツのAHL

マンインベストメンツadpとは、AHL Diversified Plcの略で、ファンド名です。

adpファンドは、マンインベスト社の金融サービス事業の中のインベストメンツプロダクツで取り扱っています。

adpの内容もマンインベストメンツの伝統である「徹底したリスク分散」型です。

adpの運用対象は金融・通貨・金利先物及び商品先物で各50品目前後、合計約100品目以上に及んでいます。

adpの対象先物は全て上場先物です。

もともとマン・グループが先物に対しては、長年の蓄積されたデータと実績を持っていて、マンインベストメンツはそのバックボーンのもと、確かな運用実績が買われています。

ここら辺にadpの強さの秘訣を見ることができます。

マン社のヘッジファンドは?

ファンドの中でもヘッジファンドが人気です。

その中でも特に人気のあるロンドンに拠点を置くマン社(マン・インベストメンツ)のヘッジファンドがあります。

ロンドンでは金融グループとしてマン・グループは老舗ですが、そのマン・グループのひとつであるマン社は、ヘッジファンドとしても20年以上にわたる歴史があります。

世界有数のヘッジファンド社としてマン社が数えられているのも、またマン社の人気が世界的にも高いということも納得のいくところです。

人気の高いヘッジファンドを産出するマン社、次なる商品は?