So-net無料ブログ作成
検索選択

イーバンク・ヘッジファンドE501とは?

投資のプロしか扱えないという存在だったヘッジファンドを身近にしたものが、イーバンク・ヘッジファンドE501です。

今までの常識を覆す10万円からというイーバンク・ヘッジファンドE501はあっという間に人気が出ました。

一般の投資家たちにもヘッジファンドという言葉を広めたイーバンク・ヘッジファンドE501

イーバンク・ヘッジファンドE501は、マン・インベストメンツ社の運用するファンド・オブ・ヘッジファンズの債券をさらに分散したその内の一つということになります。

イーバンク・ヘッジファンドE501の米ドル建て債権というのも大きな特徴です。

マン・AHL・マイルストーンとは?

マン・AHL・マイルストーンとは、マン・インベストメンツのAHLダイバーシファイド・プログラム」を主要運用戦略とします。

ルクセンブルグ籍米ドル建て投資信託のマン・AHL・マイルストーン

2008年12月において、マン・AHL・マイルストーンの暴落率は25%のプラス。
混沌とした金融業界において常に高い数字を掲げるマン・AHL・マイルストーン

日本でマン・AHL・マイルストーンは、三菱UFJ銀行で購入できます。

MAN社のADP

MAN社の代表的なファンドADP

MAN社のADPの投資対象は、先物分散投資です。

1996年の設定のMAN社のADPは、もう既に10年も過ぎたベテランのファンドです。

満期のないMAN社のADPは、毎週購入が可能になっています。

パフォーマンスのほうは、巨額の投資金を元に、完全なシステムトレードで、しっかりととプラスで動向しています。

人気のあるMAN社のADPですが、イザ手元にと思っても、MAN社のファンドの購入ちょっと厳しい道が待っています。

イーバンクでのマン社

日本で購入できるマン社のファンドの中で、一番手軽なものと言えば、イーバンク銀行のイーバンク・ヘッジファンドシリーズです。

イーバンクシリーズのファンドとして、マン社の名前こそ表面には出ていませんが、投資対象はマン社の債券となっています。

イーバンク銀行以外では、マン社の取扱はほとんどないので、このイーバンク銀行のマン社対象のファンドは貴重です。

マン社の他のファンドがばたばたと倒れる中でもプラス成長を続ける力強さは、他のファンドにはみられません。

マン社のファンドはそう簡単に手に入られないことから、このイーバンク銀行の隠れマン社ファンド、断然お勧めです。

イーバンク銀行のイーバンク・ヘッジファンドシリーズの最低預け入れ金額は10万円からとなっています。

マン社の投資信託とは?

マン社投資信託というと、その高い利回りが人気です。

日本でのマン社投資信託というと、イーバンクが取り扱う投資信託の中に

『マンⅠ P220』に連動する投資信託
『マンAPエンハンストリミテッド債』と『マンAPエンハンストシリーズ2リミテッド債』に連動する投資信託
マンAPエンハンストシリーズ2リミテッドが発行する2018年満期の米ドル建債などに連動する投資信託

などがあります。

日本では、マン社投資信託というと、このイーバンクの投資信託が一般的です。

そのほか、マン社の代理店を通じて、直接マン社投資信託の購入も日本だけではなく、海外からも可能です。

世界的に投資信託の数字がマイナスの中、マン社はプラス成長できています。

やはり魅力的なマン社投資信託です。

マン社のファンドとは?

高い信頼を持つマン社、マン・インベストメンツ社のファンドの中で注目なのが、元本確保型のファンドです。

元本確保型ファンドは、マン社のAHLプログラムでの運用となっています。

それだけでもかなり信頼できるマン社のファンドですが、利回りが低めの設定となっています。

しかし昨今のファンド事情を踏まえると、元本確保という点においては魅力的なファンドとなっています。

ファンドへの賭けが難しい今だからこそ、マン社のような信頼できるファンドをあえて選ぶという人も多いようです。

また、そのように人が募っていくことにより、よりマン社の人気も高まります。