So-net無料ブログ作成
検索選択

マン・グループとは?

マン・グループは1783年に英国で設立されました。

マン・グループの最初は、貿易会社であり、砂糖やスパイスなどの取扱では、世界で一番大きい存在となります。

しかし、第一次産業の最大の悩みは、安定供給できないという天地の条件で、リスクヘッジのために先物取引の活用が行われるようになります。

ここで、マン・グループが本格的な金融業界へ台頭してくるときです。

その後、マン・グループは、ロンドンを始め、ニューヨーク・パリ・ジュネーブ・香港・東京をはじめ世界60カ国以上に事業拠点を有するまでになっています。

さらに2000年にはマン・グループを農産物貿易部門を切り離して名実ともに金融サービスに特化した会社、マンインベストメンツ社になっています。

持ち株会社であるマン・グループ・ピーエルシー社は、ロンドン証券取引所に上場、現在はFTSE100の一銘柄にも採用されています。

マンインベストメンツ社について

マンインベストメンツ社のAHLプログラムによるファンドの数字のよさは一目瞭然です。

9.11の同時多発テロがあったときにでさえ、好成績を残したということで運用実績の強さを物語るマンインベストメンツ社の運用です。

かつて、アセットトライは、マンインベストメンツ社の運用によるもので、ファンド各種が軒並み下落をした2007年、2008年もプラス成長という記録を残しています。

マンインベストメンツ社のAHLプログラムは、トレンドフォロー型の売買モデルを採用しています。

そのほかのマンインベストメンツ社のファンドは、数字を見ても納得のものが多いのが特徴です。

マン・インベストメンツとは?

マン・グループの歴史は古いのですが、マン・インベストメンツの設立は2000年です。

今や世界最大のヘッジファンド運用会社にまで成長したマン・インベストメンツです。

ファンドに十分な魅力を持たせ、損をしない運用実績は自然と金と人を呼び寄せる不思議な力があるのは確かで、そんな魅力たっぷりなファンドのあるマン・インベストメンツ

マン・インベストメンツに選ばれし代理店のみマン・インベストメンツのファンドを扱うといった徹底したプライドの高さも投資家たちの心理をくすぐるものです。

こうした上手い戦略で押しあがってきたマン・インベストメンツ

今後の展開が一層楽しみです。

マン社について

マン社というと、マン・インベストメンツ社のことを指します。

マングループの起源は1783年に英国で設立された砂糖貿易会社にあります。

砂糖・スパイスなどの取扱は世界最大となったマン社は、これらの価格変動リスクを回避するためリスクヘッジのために先物取引などを活用するようになり、これがマン社の金融業界進出となりました。

マン社の投資信託は、個人投資家を対象にはしていません。

しかし、マン社が依頼している証券会社や金融機関を通して投資信託を購入できます。

例えば、イーバンク銀行のヘッジファンドであるイーバンクe501は、マン社の投資信託を利用しているものです。

マン社という名前が出ていないだけで、日本国内の投資信託でマン社がかかわっているものは多いかもしれません。

お持ちの投資信託の中にマン社が隠れているかも?