So-net無料ブログ作成
検索選択

MAN社のヘッジファンド

ヘッジファンドとは、富豪などをクライアントとする私的投資会社という考え方からいくと、英国のMAN社などは、世界的なヘッジファンドといえます。

MAN社のヘッジファンドは、その存在だけでも大きいため、仕掛けによっては市場を有利に展開できるという力を保有しています。

そのことは、実際のMAN社のヘッジファンドの数字を見ると納得ですが、下落時にもプラスというファンドはMAN社のヘッジファンドほど良いものは少ないといえます。

こうした巨大なMAN社のヘッジファンドは、誰でも購入できるものから、ちょっとしたエージェンシーを通さないと購入不可能なものまで各種あります。

しかし、リスクに関してはゼロということはありませんから、MAN社のヘッジファンドでも用心用心。

マン社のヘッジファンド

ヘッジファンドとは、富豪などをクライアントとする私的投資会社という考え方からいくと、英国のマン社などは、世界的なヘッジファンドといえます。

マン社のヘッジファンドは、その存在だけでも大きいため、仕掛けによっては市場を有利に展開できるという力を保有しています。

そのことは、実際のマン社のヘッジファンドの数字を見ると納得ですが、下落時にもプラスというファンドはマン社のヘッジファンドほど良いものは少ないといえます。

こうした巨大なマン社のヘッジファンドは、誰でも購入できるものから、ちょっとしたエージェンシーを通さないと購入不可能なものまで各種あります。

しかし、リスクに関してはゼロということはありませんから、マン社のヘッジファンドでも用心用心。

イーバンク・ヘッジファンドE502について

イーバンク・ヘッジファンドE502は、中期的にみて、相応のボラティリティを想定のうえ、実質的なキャピタルゲインの獲得を目指しています。

イーバンク・ヘッジファンドE502は、マン・インベストメンツの運用するファンド・オブ・ヘッジファンズの投資成果に連動する米ドル建社債を組み入れています。

イーバンク・ヘッジファンドE502は、米ドル建元本100%償還保証付の債券を主として組み入れています。

イーバンク・ヘッジファンドE502は、住商キャピタルマネジメント(シンガポール)による為替ヘッジを行います。

円安時の収益重視型で機動的に為替ヘッジ比率を変化させることが、イーバンク・ヘッジファンドE502の特徴でもあります。

イーバンク・ヘッジファンドE501とは?

投資のプロしか扱えないという存在だったヘッジファンドを身近にしたものが、イーバンク・ヘッジファンドE501です。

今までの常識を覆す10万円からというイーバンク・ヘッジファンドE501はあっという間に人気が出ました。

一般の投資家たちにもヘッジファンドという言葉を広めたイーバンク・ヘッジファンドE501

イーバンク・ヘッジファンドE501は、マン・インベストメンツ社の運用するファンド・オブ・ヘッジファンズの債券をさらに分散したその内の一つということになります。

イーバンク・ヘッジファンドE501の米ドル建て債権というのも大きな特徴です。